外国人参政権 付与許容説を最初に言った学者が付与許容説修正する方向へ(`・ω・´)

↓ここよりヤフーニュースを全文引用

外国人参政権 付与許容説の学者が誤り認める 反対集会で日大教授が明かす 
1月26日11時9分配信 産経新聞

 千代田区永田町の憲政記念館で25日に開かれた「永住外国人地方参政権付与に反対する国民集会」。国会議員、地方議員や識者らがげきを飛ばす中、日大の百地章教授(憲法学)が、国内で最初に付与許容説を唱えた学者が自説の誤りを認めたことを明らかにした。

 百地氏によると、外国人の参政権について「国政は無理でも地方レベルなら認めていこう」とする部分的許容説は昭和63年に中央大学の教授が初めて提唱。追随論が噴出し、平成7年の最高裁判決の傍論もこの説に影響を受けたとされている。

 昨年、百地氏が著書をこの教授に送ったところ、「外国人参政権は、地方選でも違憲と考えます」と書かれた年賀状が送付されてきた。本人に電話で確認したところ、「修正する論文を発表する」と明言したという。

 百地氏は「外国人参政権が憲法違反であると、とうとうわが国最初の提唱者にさえ否定されたことは極めて注目すべきこと」と強調。

 さらに「わざわざ憲法を持ち出すまでもなく、わが国の運命に責任を持たない外国人を政治に参加させることは危険すぎてできない」と述べた。

●引用終わり●

今ここで踏ん張らないと自分達の未来が無くなります。
まさに未来は僕らの手の中な訳です。

これについては「博士の独り言」の1月25日記事でも書いてあるのですのでそちらのURLを貼っておきます。
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-3124.html

これで外国人参政権を推進している人達は更に追い詰められた形になりました。
この法案が日本国民に知られれば知られるほどに、ドンドンと国民の目が覚めていくのを感じます。
私見ですが、もし外国人参政権法案が通ってしまって、日本が大変な事態になったしまったとします。
一度通った法案はそう簡単に廃案には出来ないので、国民の怒りの矛先はこの法案をしっかり国民に伝えなかったマスコミへ向くのではないかと思います。
選挙権のある人達がマスコミ(テレビや新聞)に洗脳されていても今まではそこまで危険ではありませんでした。
なぜなら保守の割合が多い自民党が与党だったからです。
しかし、先の政権交代選挙で、とうとう民主党が政権与党になってしまいました。
民主党が与党なのは今の時点では動かしようのない事実です。
なのでこれから民主党を与党から引き摺り下ろすのと、危険法案を通させないように声を上げるのが最優先かと思われます。
民主党を与党からおろす為には、やはり時事ネタですが、小沢一郎を失脚させればいいだけです。
小沢以外は一枚岩ではなく烏合の衆だからです。
危険法案の阻止は、国会議員(与、野党問わず)への嘆願書やFAX、電凸、抗議デモへの参加などです。

日本が好きだから心配でなりません。

 

マスコミが報じない真実が判る本家wikiサイトへのリンクです。

「国民が知らない反日の実態」

http://www35.atwiki.jp/kolia/