オバマVS鳩山、小沢 小沢VSキリスト教

北朝鮮に関してはオバマ大統領を見習うべき!

国民性の違いなのかも知れないがテロには基本断固とした姿勢を貫き通しているアメリカが言ってくれた。

鳩山、小沢は馬鹿か…
オバマはあまり好きではないが、ここぞという時の発言がぜんぜん違う

左記の画像は

「せと弘幸ブログ『日本よ何処へ』」様の

「オバマ大統領が日本人拉致事件の解決を優先」の転載です。

詳しく知りたい方はリンク先をどうぞ

 

アメリカはテロに屈しないという名目を楯に、今まで戦争をして稼いできたのも事実でしょう。

しかし、テロに屈しない姿勢は、共和党から民主党になっても貫き通しています。

日本の場合は、政党が変われば前政権のすべてをやり直すというスタイルでやっています。

まあ少し大げさですが間違ってはいないでしょう。

そのような良い事も悪い事も全部やり直すのは効率的ではありません。

なんでもかんでも改革すれば良いってものではありません。

そして日本人は後悔をした時には遅いのかも知れません。

小沢・鳩山民主党を与党にしてしまったのは国民なんですから。

 

そして先ほど知ったのですが小沢も裏でやらかしている様です。

小沢、日本の仏教徒の支持を得るためにキリスト教に喧嘩を売る

小沢、日本の仏教徒の支持を得るためにキリスト教に喧嘩を売る
小沢、日本の仏教徒の支持を得るためにキリスト教に喧嘩を売る

上記写真の様な発言は、普通ならマスゴミがもっと取り上げても良い爆弾発言ではないでしょうか?

森元総理の神の国発言ではあれだけ大事になったのに、この小沢キリスト教発言はほとんどマスゴミでは取り上げられていません。

 

こちらの写真はもともと縦長だったのですが長かったので分割させていただきました。

上記写真の詳細記事は

「チラ裏の倉庫」

「小沢、日本の仏教徒の支持を得るためにキリスト教に喧嘩を売る」

をご覧ください。必見です!

上記、小沢キリスト教発言は、今や世界中に発信されたようですので、これからこの問題が発展するかもしれません。

 

日本が好きだから心配でなりません。