2011年

1月

30日

前日の続き 「第三の潮流」へ!国民大行進&国民決起集会(1/29) の国民決起集会に参加してきた②

昨日も書きましたが、私はデモには参加出来ませんでしたが、デモの様子が分かる動画やブログなどありましたので昨日の続きとして書かせてもらいます。

そして昨日は日比谷公会堂で比較的に撮影しやすかったのでデジカメ画質ですが、私が撮った動画もついでにアップしてみました。

併せてご覧ください。

 

先日のデモ、集会の詳細

【東京都千代田区】「頑張れ日本!」設立一周年 1.29 亡国「TPP」絶対阻止!中国尖閣占拠絶対阻止!民主党(菅)内閣打倒!

「第三の潮流」へ!国民大行進&国民決起集会(1/29)

平成23年1月29日(土)
10時00分 デモ準備 常盤橋公園集合
13時00分 デモ前集会 常盤橋公園
14時00分 デモ行進出発
       常盤橋公園~八重洲~銀座~有楽町~日比谷公園
16時00分 国民大集会 日比谷公会堂(~19時)

 

続きを読む 9 コメント

2011年

1月

29日

「第三の潮流」へ!国民大行進&国民決起集会(1/29) の国民決起集会に参加してきた①

この記事は後日追加で記事を書きましたのでリンクを貼っておきます。

【東京都千代田区】「頑張れ日本!」設立一周年 1.29 亡国「TPP」絶対阻止!中国尖閣占拠絶対阻止!民主党(菅)内閣打倒!

「第三の潮流」へ!国民大行進&国民決起集会(1/29)

平成23年1月29日(土)
10時00分 デモ準備 常盤橋公園集合
13時00分 デモ前集会 常盤橋公園
14時00分 デモ行進出発
       常盤橋公園~八重洲~銀座~有楽町~日比谷公園
16時00分 国民大集会 日比谷公会堂(~19時)

続きを読む 7 コメント

2011年

1月

24日

「尖閣諸島の日」で記念式典に祝電送ったら、お礼のメールが来た!

1月14日に石垣市で「尖閣諸島開拓の日を定める条例」が制定されたので祝電を送ったんですが、返事が来ていました。

初めに、最近風邪をひいて体調が悪かったのでブログを更新できなかったのを軽く報告しておきます。

完璧とはいえないがかなり良くなったので早速更新。

 

1月8日に参加したデモで貰った祝電拡散チラシをうけて私は祝電を打たせてもらったんですが、私自身電報を打つのが、実に5年ぶりでしたのでどうやるか忘れていました。

前回は友人の結婚式でした。そして電報も普通に電話でしたのを覚えています。(内容は凡庸なの)

しかし、今回は事が事なので、少し自分の思いを入れて祝電を打たせてもらいました。

 

まあ、「お祝いを~、日本と石垣市の益々の~」って文なので普通なのかもしれませんが。

 

最後に本名と一応メールアドレスを書いておいたら、なんと返事が来ました。

昔どこかでチャンネル桜にお金を寄付したら、事務局からお礼の電話を貰ったという書き込みを見ましたが、それの石垣市バージョンですね。

 

なんだかんだで2000円近く電報代はかかりましたが、この祝電を送ったことは、いつの日か「尖閣諸島の日」が、日本国民に当たり前の日となった時に、子供にでも言い伝えようと思います。

続きを読む 7 コメント

2011年

1月

16日

中国漁船団が台湾に侵攻&菅改造内閣を見て思う(part2)

民主党の支持率は下がっていても何故かご祝儀でなのか菅内閣の支持率は微増したとの記事です。下にも同内容を取り上げた記事はありますが、ありえなさ過ぎる。

 

草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN

内閣支持率、微増29%です。

  

そして今、色々なニュースで埋もれてしまってますが、去年の尖閣事件の中国漁船船長が不起訴との記事を書いているブログがあり気になりますのでリンクを

 

 

やはり中国の国益優先、予定通り中国人船長を起訴猶予へです。
こちらは周知・拡散の優先度は高そうです。是非広めていきましょう。

フィリピンや台湾、そして日本を本気で奪いに支那(中国)が動き出した!

続きを読む 5 コメント

2011年

1月

14日

本日「尖閣諸島開拓の日」祝電を送りつつ、菅改造内閣を見て思う事

本日の「尖閣諸島開拓の日」施行を祝し、石垣市で記念式典が開催されました。

現在の石垣市長である中山義隆市長と、やはり尖閣諸島と言えば外せない仲間均市議が超愛国者なので実現した「尖閣諸島開拓の日」(リンクはwiki)の制定。

もうこれは祝電を打たずには居られない!

って訳で前回のブログで書かせてもらいましたが、ネット上からサックリと電報を打たせて貰いました。

今は電報もネットですぐに頼めるんですねぇ。

一昔前は電話だけだった気がしますが時代は動いていますね。

正直私自身は石垣市はもちろん、沖縄県にも行った事はまだありません。

しかし、日本の最西端である尖閣諸島の意義は多少理解しているつもりです。

そこを守ろうとしている人がいるのなら応援せざるを得ません。

 

私自身は、たちあがれ日本が実施している「尖閣諸島を守るための請願」署名を集める位の事しかできません。

それも今まで政治や外交に興味を持ってない人にいかに興味を持たせ、署名をしてもらえるかが肝心です。

 

私は零細企業で勤めていますが、専務が産経新聞購読者で、新聞とテレビしか見ない人でしたが、多少なりとも中国に反感を持っているのを尖閣事件が起こった後に聞いていましたので、上記のような署名があるんですが署名してもらえないか頼みました。

そうしたら、内容は分からないが一回署名の用紙を持って来いと言われたので持ってきてデモ参加時のビラと用紙を見せたら、すんなり署名してもらえました。

その時一緒に居合わせた他の社員にも署名してもらえ一気に一枚の定数である5名集めることが出来ました。

 

正直言って、戦後の教育のおかげで、すっかり争って何かを守るとかの感情が欠落した現代人には、国際外交での中国への対処方法などは説明するのもつかれるだけの可能性は否定できません。

しかし、多少なりとも今回の尖閣事件は日本人の心に引っかかる何かのきっかけは与えられたのではないでしょうか?

 

こういうものは熱しやすくて冷めやすい日本人ですから、タイムリーなタイミング(テレビや新聞が取り上げている)で言わないといけません。

今、特に興味も無いのに「河野談話」や「村山談話」の白紙撤回の署名を頼んでも厳しいでしょう。

 

それを考えると今しかたちあがれ日本が実施している「尖閣諸島を守るための請願」署名を集める機会は無いのです。

みなさん、これをみたら是非勇気をもって社内や学内、その他もろもろで今の政治の話などをしてみてください。

悪い反応は返ってこないと思います。

 

続きを読む 7 コメント

2011年

1月

08日

【東京都渋谷区】 1.8 アジアに自由と平和を!中国の人権弾圧に抗議!「民主党(菅)内閣」打倒!街頭宣伝活動 に参加してきた

渋谷駅ハチ公前広場にて街頭宣伝活動、厳しい寒さの中、集まる愛国者達!

今日の街宣活動は昼間には中国大使館前にて、主催は中国に人権弾圧をされているモンゴル系団体ですがやっていました。

「頑張れ日本!」主催の渋谷ハチ公前街宣活動は15時スタートで私はこちらに参加いたしました。

 

今回も街宣活動名の通り↓

「1.8 アジアに自由と平和を!中国の人権弾圧に抗議!「民主党(菅)内閣」打倒」

中国や民主党・菅内閣の演説が多くされていました。

 

↓日時場所

日時

平成23年1月8日(土) 15時00分~17時00分

 

場所

 

「渋谷」駅ハチ公前広場

※ 日章旗以外の旗の持ち込み禁止。
 (ただし中国に弾圧されている国の国旗は可)
 民族差別的なプラカードの持ち込み禁止。

続きを読む 9 コメント

2011年

1月

07日

昭和天皇崩御から早23年、平成23年は真の日本人のための国にしましょう

昭和64年(1989年)1月7日に崩御された昭和天皇を思う

昭和天皇をホワイトタイで迎えるアメリカフォード大統領 あまりの緊張に右足と右手をあげて歩いてる
昭和天皇をホワイトタイで迎えるアメリカフォード大統領 あまりの緊張に右足と右手をあげて歩いてる

英連邦 カナダ政府発表の外交上の社交序列

続きを読む 8 コメント

2011年

1月

02日

平成23年(2011年)1月2日 新年一般参賀に行ってきた→靖国神社に初詣

新年恒例の一般参賀を7万7000人が訪れた。

まさかのベストボジションにて撮影
まさかのベストボジションにて撮影

MSN産経ニュースの記事

陛下「少しでもよい年に」 一般参賀に約8万人

続きを読む 7 コメント

2011年

1月

01日

皇紀2671年・新年明けましておめでとうございます

本年も御指導御鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

去年は超売国反日与党の菅内閣によって様々な国益に反する事がおきました。

 

政権与党が売国反日で、それによって「時代が英雄を求めた」ではないですが、多くの日本国民の愛国心に火がついた年でもありました。

今年はこのまま行けば民主党政権与党は維持出来ないでしょう。

そして四月には統一地方選挙もあります。

一刻も早く政権与党から売国政党と売国議員を一掃しなければなりません。

 

そんな訳で、今日の記事は愛国心の基本でもある国旗に関して書こうと思います。

 

今回の記事で引用する「修身の教科書」は日教組と民主党が予算削減し、ドンドン日本人の心を忘れさせようとしている今こそ全国民に読んで欲しい。

「修身の教科書」小池松次=編 より引用

続きを読む 12 コメント