いわゆる反日とは何なのか?

Q&A 初級編1(初めて来た方用)

  そもそも「反日」ってどういう意味?
答え   何の合理的理由もなく、日本および日本人を否定し、悪意や反感を持つこと。
 

また、自らが日本や日本人を否定しているという自覚症状のない場合も含まれる場合があります。

 

詳しくはこちら「日本の治安と在日問題」サイトへ

    △ページトップ
質問2   反日だと何が問題なの?
答え   国内の反日と、国外の反日とを分けて考える必要があります。
 

また、反日は日本文化をも否定し、世界中で悪評高い中国と韓国と手を結ぼうとしています。

 

詳しくはこちら「日本の治安と在日問題」サイトへ

    △ページトップ
質問3   国内の反日は?
答え   まず、彼らの思想の要点は以下の通りです。
  1.「理性には全ての人に平等に備わっており、これを正しく用いれば、誰でも自分の精神を最高点まで高められる。」
  2.「したがって、人間社会は、伝統的な体制および秩序ではなく、理性を用いて築かれるべき。」
  3.「伝統的な体制および秩序を破壊するためなら、暴力を用いてもよい。」(暴力を用いるべきではないという穏健派もいる)
  4.「人間社会が理性に基づいて築かれれば、国という枠組みを越えて、世界が桃源郷(ユートピア)になり、人々は幸福になる。」
   
  彼らが「ソ連・中国・北朝鮮は地上の楽園」と主張してきたのは、要点4によるものです。しかし、皆さんもご存知の通り、これらの3国は、とてつもない反桃源郷(ディストピア)であり、人々も幸福どころか不幸のどん底でした。そんな社会主義の正体が明るみになったため、彼らは信用を大きく失い、とても困り果てました。そこで彼らが目を付けたのが、支那・朝鮮に昔から根付く「中華思想」という名の反日感情と、日本人の美徳である「惻隠(そくいん)」です(中華思想については後述)。
   
  「惻隠」とは、簡単に言えば、「弱者をかわいそうに思い、救いの手をさしのべること」です。彼らは、「中国と朝鮮は大日本帝国の被害者である。」と国内外にプロパガンダを展開することで、支那・朝鮮の反日感情を刺激するとともに日本人の「惻隠」が支那・朝鮮に向くように促しているのです。そして、「中国と朝鮮に反省の態度を示すため」と称して「伝統の解体」や「非武装平和」や「反日教育」を推し進めようとしているのです。
   
  しかも彼らは、「弱きを助け、強きを挫く」という日本の伝統的な英雄像にも目を付け、「弱き(支那・朝鮮)を助け、強き(大日本帝国)を挫く」という印象を世論に与えることで、大きく失った信用を再び取り戻そうとしているのです。
   
  以上が彼らの特徴と戦略なのです。これらの問題は以下の通りです。
  理性には限界がある。
  伝統は祖先が何世代にもわたって培ってきた知恵であるため、これを活用したほうがよい。現世代の自意識過剰によって解体されるべきではない。
  暴力を用いるのはよくない。ソ連・中国・北朝鮮は地上の楽園ではなかった。
  大日本帝国がしたとされる「慰安婦強制連行」や「南京大虐殺」などは、事実の捏造や誇張であり、東アジアは日本によって植民地主義から解放された。したがって、支那・朝鮮に被害者というレッテルを貼るべきではない。
 

社会主義の敗北を素直に認めず、日本人の美徳を巧みに悪用するのは、往生際が悪く、卑しい。

 

詳しくはこちら「日本の治安と在日問題」サイトへ

    △ページトップ
質問4   国外の反日は?
答え   支那・朝鮮が昔からもつ「中華思想」と、白人が持つ「白人至上主義」は差別思想なので、問題があります。
   
  中華思想」とは、「国は世界の中心であり、中国に近いほど優れた国である」という思想です。ちなみに、「中華」とは、「世界の“中”心、文化の精“華”という意味です。秦が支那を統一して以来ずっとこの思想を持ち続けました。朝鮮もこの「中華思想」に影響をうけ、日本が朝鮮を清から独立させるまで、支那に事大し続けたのです。
   
  一方、日本は、支那人の意識は別として、もともと華夷秩序の範疇に入った意識はなく、歴史的にも支那とは完全に別の国として発展してきました。邪馬台国の卑弥呼・倭の五王らは国内統治の権威づけと交易の利のためにシナから爵を受けられただけで、別に日本が支那王朝の臣下になったわけではなく、また文化的にも「論語は受け入れても孟子は排除する」(孟子は"革命"思想を説いた為日本人から忌み嫌われた)などと、華夷秩序に芯から染まらない程度に「いいとこどり」を行ってきました。それを和魂漢才といいます。「日本固有の精神(和魂)をもって、漢の学問(漢才)を学ぶ」という意味です。
  (サヨク系の文化人がよく「日本は飛鳥時代に、聖徳太子によって、中華思想の秩序から離脱した。それまではシナの属国だった」「日本は儒教文化圏だ」と書くのは嘘です)
   
  だから、支那・朝鮮は、華夷秩序の外にある日本を「東夷」としてずっと卑下してきました。明治になると日本が急速に近代化していったため、旧弊に縛られていた支那・朝鮮は、近代化は華夷秩序に背くこと」といって、よりいっそう日本を差別するようになり、その一方で内心は、卑下していた日本に大きく差を付けられてしまったことから、日本を逆恨みするようになったのです。
   
  さらに、日本が敗戦した時には、内心で連合国に勝つことを期待していた朝鮮人が「自分たちは戦勝国民だ」などといい、さらに日本を差別するようになりました。
   
  その上、戦後教育の影響が現れるにつれて国内の反日勢力から「歴史教科書問題」が支那・朝鮮に伝わり、戦後生まれの支那・朝鮮人は騙され、反日教育には影響を与え、政府は外交カードに使うなどして、ますます差別感が強まっているのです。ちなみに、中国の江沢民元国家主席は平成10年8月の会議でこう言っています。「日本には歴史問題を永遠に言い続けなければならない。」と。
  また、アメリカやイギリスに代表される白人国家には、昔から白人至上主義の影響があります。彼らが黒人をとっつかまえて奴隷にしていたのはご存知の通りです。日本人に対しても貿易摩擦の際に「アメリカ製を買え」と言っては日本車を壊し、「鯨食いは野蛮」と言っては捕鯨船を襲うなどして、日本に対して不当な圧力を加えます。これもやはり問題です。
    △ページトップ
質問5   反日の国ってどこ?
答え   中華思想の影響下にある国、「中国・韓国・北朝鮮」が挙げられます。事実、BBCの「世界に最も良い影響を与えている国」という国際世論調査では、日本は「悪い影響を与える」とする国は先ほどの三国だけでした。ちなみに、この調査では、日本とカナダが好感度世界一の称号に輝きました。
   
  あとは、第二次世界大戦の連合国だった国に若干の反日が見られます。特にオランダの場合、大東亜戦争において、日本軍に反撃する間もなくいとも簡単にやっつけられてしまった歴史があります。
   
 

それ以外は、各国のフェミニズム団体・朝鮮人団体によって「慰安婦問題」、人権団体・華僑団体によって「南京大虐殺」、環境保護団体・反捕鯨団体が「捕鯨問題」が宣伝される程度でしょうか。

 

詳しくはこちら「日本の治安と在日問題」サイトへ

    △ページトップ
質問6   反日政策をすると、反日勢力にとって何が得なの?
答え  

日本国は国益を損ない、反日国が国益を得ることになります。

 
  • 日本の伝統が失われ、日本が日本でなくなる。
 
  • 日本の伝統的価値観が失われ、秩序が乱れる。
 
  • 尖閣諸島・竹島が中国・韓国の領土になると、領海内の海洋資源や天然ガスを奪われる。
 
  • 外国人参政権が認められると、外国人が日本の国益ではなく祖国の国益のために参政権を行使してしまう。
 
  • 北朝鮮の核開発が日本への抑止力になり、対北朝鮮外交の障害になる。
 
  • 日本とインドと経済協定が結べなくなったら、日本経済は中国の労働力ばかりに頼ることになってしまう。等が挙げられます。
    △ページトップ
コメント: 4
  • #4

    patriotic (火曜日, 07 8月 2012 02:01)

    >>ミセスグリーンさん
    こんな辺境のサイトまで来訪ありがとうございます。
    現在私は『国民が知らない日本の危機』というwikiの管理、編集をしており、こちらは更新が難しいですので、良かったらそちらで色々見て貰えればと思います。
    http://www18.atwiki.jp/nihonnkiki/
    ではでは。

  • #3

    ミセスグリーン (日曜日, 05 8月 2012 00:37)

    反日よくみています。いつも驚きと日本人でよかったという気持ちになります。コピーして親戚や職場の人、友達に見せるつもりです。おかげで政治が少しずつ解ってきました。一日も早く全ての日本人がこのサイトを閲覧してくれる事を願っています。

  • #2

    patriotic (土曜日, 10 3月 2012 00:38)

    >>hc850able さん
    1人でも多くの人が日本の国益を考えられるようになればと思います。

  • #1

    hc850able (金曜日, 09 3月 2012 15:24)

    勉強に、なった、此れからも、日本人と、して、良く分かるように、なりたいと、思います。